全 20 件を表示

チリの雄大な自然と人々の愛に育まれてきたモンテスのワイン

その誕生は1988年。ワインビジネスのスペシャリスト4人それぞれの技術と経験を終結させることによって設立されました。醸造家のアウレリオ・モンテス氏、輸出ディレクター、ダグラス・ムライ氏、財務を担当するアルフレド・ヴィダウレ氏、そしてワイナリーを所有するペドロ・グランデ氏。1990年代後半。爆発的ブームがあったチリワイン。今でこそチリワインはワインラヴァーにとってポピュラーな存在となりましたが、かつては違いました。チリのワイン産業はヨーロッパとくらべかなり遅れていて、世界的にとても注目されるものではなかったのです。そうした状況を変えるため、チリワインの可能性と最高品汁を追求し、地元の人だけが楽しむためだけではない、世界のワインラヴァーに愛されるワイン造りを目指したのがモンテスでした。

もともとチリは少雨で日照時間が長く、ブドウ栽培に最適なテロワール。大西洋やアンデス山脈に囲まれた地形ゆえ、害虫がいないために農薬をほとんど使っていません。チリにはトップクオリティワインを造る条件が揃っていること、そして良質なワインを生み出せることにモンテスが実証したのです。

モンテスに最初に名声を与えたのが、モンテスを代表するワイン、モンテス・アルファ・カルベネ・ソーヴィニヨン。モンテス設立と同時に誕生したこのワインは、チリから輸出される初のプレミアムワインとなりました。モンテスこそ、チリにおけるクオリティワインの先駆けといえる存在なのです。今ではエアラインのファーストクラスで出されたり、アメリカの一流レストランによる”お気に入りチリワイン”のトップに選ばれたり。輸出先は世界75ヵ国・地域以上にもわたり、フランスやイタリアといったワインの本場にも輸出されているほど。これも世界を視野に入れたワインメイキングをしているモンテスだからこそ、なのです。

モンテスのワインには、すべてのボトルに天使が登場しています、モンテスを天使のつながり、それは創業者のひとり、ダグラス・ムライ氏が交通事故から奇跡的に助かった際、天使の存在を感じたことがきっかけなのだとか。以来、天使はモンテスのシンボルとして扱われています。この天使が、モンテスのワインを飲むあなたにもハッピーをもたらしてくれるかもしれません。

モンテスのワインに対する情熱は留まるところを知らず、アンデス山脈を越えたお隣、アルゼンチンや、世界中のワインメーカーの憧れの地、カリフォルニア・ナバ・ヴァレーでも、素晴らしいワインを生み出しています。

1987年にリリースされたモンテス・アルファ・カルベネ・ソーヴィニヨンは、モンテス初、そしてチリ初のプレミアムワインとして革新的なクオリティを誇り、高評価を受けてきました。専門誌のテイスティングでもボルドー・グランヴァンと比べても、引けをとらない香りと味わいが証明されています。しかも価格はリーズナブル。

クラシックシリーズは1本1,500円以下という価格ながら、非常にバランスの良い秀逸な出来のデイリーワイン。厳選された手摘みのぶどうをアメリカンオーク樽で熟成させ、フィルターは1回軽くかける程度。これは「余計な手を入れ過ぎることで果実のうまみを壊さないように」というワインへの愛情から生まれたものです。同じような価格帯のワインと比べると、モンテスのクオリティの高さは明らか。スタンダードなこのキュヴェにモンテスの魅力がすべて凝縮されています。

「モンテス」のワインに使われるブドウは手摘みされ、果房を傷つけないよう最大の注意を払ってワイナリーへ運ばれます。熟成にはすべてアメリカン・オークを使用します。ボトリングの際に軽くフィルターにかけ、手を加えすぎず、品種ごとの個性を最大限に生かした形をとっています。「モンテス・リミテッド・セレクション」は、1999年がファースト・ヴィンテージで、2000年にリリースされました。厳選されたブドウを使って造られる、生産量の少ない限定品です。

MONTES スペシャルワイン

モンテスがアルゼンチンで新たに展開するプロジェクトがカイケン。カイケンとはパタゴニア語で雁の意です。モンテスがアルゼンチンでワイン造りを始めたきっかけは、ラベルに以下のように記載があります。

「モンテスはメンドーサの地で偉大なワイン造りの可能性を見出し、雁のごとくアンデス山脈を越える決心をしました。アンデス山脈を挟むチリとアルゼンチン領国の個性が渾然一体となった見事な味わいをお楽しみいただけます」と。

南米のブドウ栽培とワイン造りの技術は今かなり進んでいますが、それを象徴するようなクオリティの高さです。