全 4 件を表示

チリNo.1のスパークリング・ワイン生産者

南北4300kmにも及ぶ国土を誇るチリは、周囲を山々、砂漠、そして海に取り囲まれた特異な環境。そのため、世界のワイン生産者の天敵である害虫フィロキセラの被害も無く、太陽の恵み・海・山といった手付かずの自然と恵まれた土壌環境から、世界屈指のワイン産地として注目を集めています。ビーニャ・バルディビエソはこの地で1879年に「シャンパーニュ・バルディビエソ」として南アメリカで最初にスパークリング・ワインの生産を始めて以来、今も変わらずワイン造りを続ける家族経営の醸造所です。現在では、国内スパークリング市場でそのシェアを65%にまでに伸ばしており、品質・生産量ともにチリNo.1生産者としての地位を確立しています。その品質はとても高く「(シャンパーニュと同じ製法の)瓶内二次醗酵ワインをチリで造らせたら右に出るものはいない」と評されるほどです。

100年以上の月日をかけて培った歴史と伝統はスパークリング・ワインの枠に留まらず、1980年代からはチリの偉大なテロワールを反映させた上質なプレミアム・ワインの生産も行うようになりました。醸造所では「すべては畑から」とブドウ栽培にこだわり、自社畑以外にも自社が提唱する栽培方法を実践している農家と長期契約を結び、高品質のブドウのみを使います。そして、この上質なブドウから造られる果実の旨み、テロワールが見事に表現されたワインで数々の賞を受賞しています。