全 6 件を表示

120年の歴史を持つ、アルゼンチンのトップ・ワイン・メーカー

リスタル・ガラスで有名なスワロフスキー社が所有し、ハイ・クオリティなワインを造るボデガ・ノートン。アルゼンチンの首都ブエノス・アイレスから西へ1000km、アンデス山脈の麓のメンドーサ地区に最先端の設備を誇るワイナリー持ち、「アルゼンチン最高品質のワインを造る」ことをモットーに、生産量の少ない高級ワインを造ることよりも、日々の食卓や様々なシーンに寄り添うような、堅苦しさのない親しみやすいワインを造ることを大切にしています。どのワインも控えめな値段ながら、そのクオリティはすべて価格以上。非常に洗練された味わいで、驚くほどのクオリティを誇ります。その姿勢と確かな味わいが評価され、今や世界60カ国以上に輸出されており、アルゼンチン国内で多くのワイナリーのモデルとなっています。

2012年には、チーフ・ワイン・メーカーであるジョージ・リッチテッリ氏が、アメリカの著名な専門誌『ワイン・エンスージアスト』誌のワイン・メーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞。南米出身のワイン・メーカーとしては初めての快挙でした。また、ワイナリーとしても2010年に、アルゼンチンの最も著名な新聞「クラリン」において、No.1ワインブランドに選出。2011年にはベスト・ニュー・ワールド・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、「アルゼンチンのワイン造りをリードする存在」「最も親しみやすく賞賛すべきワインを造っている」と世界的に評価されています。

恵まれた自然を活かしたオーガニック栽培

アルゼンチンは標高が高く、昼夜の気温差が激しい気候が特徴です。加えてアンデス山脈からの風の影響でブドウは乾燥し、1年を通じて病害虫や腐敗の心配がありません。つまり、殺虫剤や除草剤が必要ないため、自然とオーガニックでナチュラルなワインを造ることができるのです。また、ボデガ・ノートンでは灌漑にアンデスの雪解け水を使用しており、それがワインに豊かなミネラルをもたらしています。

畑はメンドーサの異なる5つのエリアに点在し、それぞれの土地に最も適した品種を選んで栽培。平均樹齢は30年と長く、中には80年以上という樹齢の高い畑もあります。ボデガ・ノートンでは、古樹から造られる凝縮感のあるブドウを最適な土壌と気候の畑で育てることで、凝縮した果実味と伸びやかな酸とが絶妙なバランスを保つ、最高に美味しいワインが造ることができるのです。