アストラッド・ジルベルトの声とおいしい水

ボサノバが好きで思い出した様に聞きたくなる時があります。

ちょっと前ならCDを引っ張り出してきて、あの曲この曲と色々と聞いていましたが

最近はスマホ一つで大体聞けるので大変便利でありがたいです。

アストラッド・ジルベルトの「おいしい水」という曲が、ボサノバで初めて好きになった曲でよく聞きます。

ちょっと変わったテンポの曲ですが、何処か懐かしい気持ちになる不思議な曲です。

歌詞の意味は、乾いた私に愛という名の水をとゆう事を歌っているそうですが、おいしい水と聞いてお酒を連想する事もできます。

そんな曲に合いそうなワインは、手頃なお値段でおいしい、ムートン カデ ルージュをおすすめします。

MATSUMOTO
ワインと音楽をこよなく愛するワインネーション運営スタッフ。素敵な音楽とおすすめのワインを紹介していきます。