最高額は億超え?高級ワインとは一体何なのか?

最高額は億超え? 高級ワインとは一体何なのか?

世の中には、とんでもない価格のワインが存在します。100万円、1,000万円など、目がくらむような価格を聞いたことはないでしょうか?

そういったワインは、時として高級ワインなどと呼ばれたりします。しかし、何をもって高級ワインとするのか、知っている人は少ないはずです。具体的な銘柄や価格帯は、あまりピンとこないでしょう。本記事では、高級ワインの定義について詳しく解説します。

最高額は1億円以上? 高級ワインはいくらから?

実は、いくらの価格から高級ワインとするのか明確な定義はありません。

「10万円からが高級ワインだ」と言う人もいれば、「100万円出しても高級とは言えない」と述べる人もいます。ただ、あえて定義に近いところで言えば、だいたい10万円以上であれば高級ワインだととらえられるでしょう。ただし、高級ワインか否かを決定づける要素は価格だけではありません。

時代や飲み手の年齢、産地や製法によっても左右されるものです。さらに、「飲む人が高級ワインだと認識しているなら、それは高級ワインである」と述べるソムリエもいます。ちなみにフランスでは、(価格はさておき)製法や品質に基づいたメドック格付けものが採用されています。メドック第一級に属しているのであれば、ほぼほぼ高級ワインと考えて問題ないかもしれません。

高級ワインは、なぜあれほど高くなるのか?

ワインの価格は、本当にさまざまです。1,000円を切るコンビニワインがある一方、自動車3台分にも勝る価格の高級ワインも存在します。なぜ、これほどに価格差異があり、高級ワインが高価になるのか考えてみましょう。

ブランド

まず、ブランドの違いが挙げられます。たとえば、著名なシャンパンである「アルマンドゴールド」を例に取ってみましょう。アルマンドゴールドと言えば、多くの人が「由緒正しいシャンパンである」と認識しているはずです。また、「お金持ちのステイタスや代名詞である」とか「疑いようもなく品質のすぐれたシャンパンだ」といったふうに捉えられる面もあります。

つまりステイタスや品質が信頼されているのであれば、高くても売れるのです。(マーケティング上の戦略などもありますが)ブランド力を有しているから、高級ワインと呼ばれるような価格になるわけですね。このあたりは、洋服などと同じですね。

エンポリオ・アルマーニは、間違いなくステイタスと最高品質を供給していますが、ワインにも同じことが言えます。誰しも、何に対してステイタスには魅せられてしまうのです。

土地の価格

また、土地の価格も重要です。ワインのぶどう作りにとって本当に理想的な土地は、ほんの少ししかありません。そもそもワインを作れない土地のほうが、圧倒的に多いのです。ワインを作るためのぶどう畑は、立地や日当たり、気候によって土地値が変化します。ワイン作りに適した場所なら、当然ながらとんでもない土地値になるでしょう。もちろん、土地の価格は価格にも反映されます。さほどでもない土地で作られているのであれば、ワインの価格もそれなりです。一方で、たとえばブルゴーニュの一等地などであれば、急激に値段は跳ね上がります。

生産本数の少なさ

さらに、生産本数の少なさも関係しています。高級ワインは、基本的に生産本数が少ない傾向があります。使えるぶどうが少ない、特別な技術が必要などといった要因により、大量生産できない背景があるのです。市場の法則として、「供給に対して需要が小さい場合、その商品は高くなる」というものがあります。つまり需要に対して供給が小さすぎると、その高級ワインの価格は高騰するわけです。

味わい

もちろん、味わいのよいワインは高級ワインへと近づきます。土地、つまり土壌や天候条件がすぐれているのであれば、味がよくなるのは当然です。ワインラバーやソムリエたちの評価によっても、価格は大きく変化するでしょう。ただし、「値段が高ければ高いほど美味しい」とは限らない側面もあります。100万円すぐスーツが、かならずしもお洒落ではないのと似たような話ですね。なぜなら、ブランドや需要供給バランスによる影響が先行しすぎるあまり、味わいはさほどでもなかったりします。たとえばロマネ・コンティは、とうとう飲んでみても「あんまり美味しくはない」と言われたりするのです。ただ、これについては「飲み手のレベルが低いだけ」などといった要素も絡んできます。

生産方法

生産方法も、高級ワインを誕生させる要因です。ワインの生産方法はさまざま存在しますが、高級ワインはすべからく手間隙かけて作られています。最先端の機械を用いる、逆にあえて人の手でこなす。また、「本当にいいものを作るため、ぶどうは厳選し、適合しないものは捨ててしまう」なんてことをしているワイナリーも。さらには、品質を高めるために、人件費や設備費も惜しみなく投じているのです。当然ながら生産方法にかかるコストは、価格へ反映されます。生産方法が一線級であれば、高級ワインにたりうる価格が付けられるでしょう。

最高額の高級ワインは、億超えのロマネ・コンティ

ちなみに、現時点で最高額の高級ワインといえば、やはりロマネ・コンティです。そのロマネ・コンティにおいてもっとも高価なのは、1945ヴィンテージ。同ヴィンテージが、世界でもっとも高価なワインだと言えます。なんと販売価格は、1本6,300万円相当。1945年ヴィンテージは、第二次世界大戦の影響でたった600本しか製造できず、希少価値が非常に高いのです。もちろん、上記以外のロマネ・コンティもおしなべて高価です。最低でも、1本120万円程度の価格になるでしょう。法外な値段がつくには、ロマネ・コンティを持っていること自体ステイタスになりうるという背景があります。もちろん、生産地や味わい、生産方法もすぐれていますが、ことブランド力は強力。ロマネ・コンティを手に入れるため、セレブたちは「競り落とそう」とやっきになっているのです。しかし、ロマネ・コンティの流通数はごくわずか。明らかに需要に対して供給が追いついていません。セレブたちが展開する争奪戦はたいへんに苛烈で、入札が繰り返されていく中で価格は高騰していきます。そういった背景もあり、ロマネ・コンティは世界でもっとも高級なワインとして知られるようになりました。

その他の代表的な高級ワイン

ロマネ・コンティほどではありませんが、世界にはさまざまな高級ワインが存在します。下記では、その一例について紹介します。

ドンペリ

ロマネ・コンティと並び称される高級ワイン。味もさることながら、そのブランド力に多くの人々が魅了されています。価格は最低でも40万円程度と、やはり高価です。ナイトクラブでは、ドンペリをオーダーすること、あるいはドンペリのオーダーを獲得することがステイタスになっています。そして、熟成することで真価を発揮するポテンシャルの高さもポイント。30年ほど熟成されたドンペリの味わいは究極であり、「奇跡」「最高到達点」などと評価されます。

おすすめ

ワイン通販 - ワインネーション

タイプ:白ワイン,泡、スパークリング/産地:ワイン,フランス,シャンパーニュ,商品情報: 国 ア…

アルマンド

日本ではおなじみのアルマンドも、明確に高級ワインです。特に希少なアルマンド黒は、100万円以上の価格で取引されることも。一方でアルマンド・ゴールドなどは数万円程度の価格であり、決して手が届かないレベルではありません。比較的低価格でありながら、その味わいは世界最高峰です。

オーパスワン

ヨーロッパのみならず、アメリカにも「オーパスワン」があります。価格は、高ければ10万円程度。最初から高級ワインとしてデザインされた経緯があり、高級ワインに求められるものはすべて兼ね備えている銘柄です。いわゆる「新世界」を代表するワインとして有名。かつてはやや冷遇されていたアメリカワインの地位を押し上げた存在でもあります。

おすすめ

ワイン通販 - ワインネーション

タイプ:赤ワイン/産地:ワイン,アメリカ,カリフォルニア州,【オーパス ワン】 オーパス ワン [2011] 750ml…

マセット

イタリア、トスカーナ原産の高級ワイン。価格は1本10万円程度と、まだ現実味のあるレベルです。トスカーナではカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローのブレンドが一般的ですが、マセットは違います。なんと、メルローしか使わないトリッキーな製法を洗濯しているのです。イタリアどころか欧州全体から見ても、最高のメルローワインだと言われています。

クコ・デュ・メニル

クコ・デュ・メニルは、シャンパンの一種です。価格は30万円以上と、シャンパンの中では最高水準。わずか1.7ヘクタール程度の狭い畑でしか生産されず、高い希少価値を有しています。というよりも、クコ・デュ・メニルを作るぶどうの獲れる畑が、たったそれだけの面積しかないのです。通常のワインは、基本的に毎年1回は生産されます。しかし、クコ・デュ・メニルは、「ぶどうの出来が悪い年は、そもそも生産しない」という方針です。よって、さらに希少性と、品質への信頼や期待値が培われています。

モンラッシェ

モンラッシェも、かなり有力な高級ワインと言えます。作り手は、ロマネ・コンティと同じくD..R.C.社。白ワインとしてはもっとも希少かつ高品質で、値段は1本100万円以上になるでしょう。

生産量だけで言えばロマネ・コンティよりも少なく、非常にレアな存在です。

おすすめ

まとめ

「高級ワイン」には、実のところ明確な定義はありません。何をもってして高級ワインとするかは、国や地域、飲み手や時代によって変動するものです。高級ワインは、時にとんでもない値段を付けられることがあります。自動車や住宅程度の値段が付けられるのは、さして珍しい話ではありません。ある人が一生に得る収入を上回る金額になることもしばしばです。ただし、「一生手が届かない存在」でもありません。さすがにロマネ・コンティ1945を飲むには、相当な社会的成功が必要でしょう。しかし、シャンパーニュやオーパスワンなど、数万円単位で手に入る高級ワインも存在します。まずはこういった高級ワインからテイスティングするとよいでしょう。

最高額は億超え? 高級ワインとは一体何なのか?
ワインの最新情報をチェックしよう!
>ワイン通販「ワインネーション」

ワイン通販「ワインネーション」

ワイン通販のワインネーションです。創業148年の良質なワインを取り扱う老舗ワイナリーです。ボルドー、ブルゴーニュワインをはじめ、5,000種を超える日本最大級の品揃えをご用意しています。

CTR IMG