チリのプレミアムワイナリー「ラポストール」の魅力

チリワインと言えば皆さんはどんなイメージを持っていますか?コンビニやスーパーなどでも1000円以下で買える低価格なチリワインが多く売られているため、チリワインと言えば「安くて美味しいワイン」というイメージを持つ方も少なくないでしょう。実際、「安旨」と言われるコストパフォーマンスに優れたチリワインが日本に沢山流通しています。レストランの低価格なグラスワインなどでチリワインを飲んだことがある方も沢山いると思います。

日本ではすっかり「安ワイン」のイメージがついてしまったチリワインですが、実は世界的にみると、チリ産のプレミアムワインは非常に人気が高いのです。安くて美味しいワインを数多く生み出しているワイン産地で、こだわりをもって作り上げたハイレベルなプレミアムワインはこの上なく美味しいに違いないと思いませんか?

今回はそんな最高のポテンシャルを持つワイン生産国チリを代表するプレミアムワインの造り手「ラポストール(Lapostolle)」の魅力についてご紹介します。

チリのプレミアムワイナリー「ラポストール」

ラポストールはチリ屈指の赤ワインの名産地コルチャグア・ヴァレーに位置するワイナリーです。ラポストールは世界的にも有名なスピリッツとワインの生産者「グラン・マルニエ」の創業者のひ孫にあたるアレクサンドラ・マルニエ・ラポストール氏とその夫のシリル・ド・ブルネ氏が1994年にチリに設立したワイナリーです。アレクサンドラ氏は、数世代にわたって高品質なスピリッツとワインの生産に専念してきた有名な一家の一員なのです。

フランスでワイナリーを所有しているオーナー夫妻が、次に目をつけた土地がチリのコルチャグア・ヴァレーでした。アレクサンドラ氏とシリル氏がチリを訪れた後、夫妻はその特別な地理的特性から、プレミアムワインの生産国としてのチリの大きな可能性に気付きました。この地の壮大なテロワールに惚れ込んだ夫妻は、フランスでのワイン造りの経験を活かして、世界に通用するプレミアム・チリワインを造ることを目標に、チリのコルチャグア・ヴァレーにラポストールを設立しました。

ラポストールが造るプレミアムワインは、有名なワイン評価誌で高評価を受けるなどチリのトップクラスのワイン生産者の一つとして知られる存在になりました。ラポストールはチリのワイン業界の先駆者であり、持続可能性を重視したプレミアムワインの生産を通じて、この地域の評判を高め続けています。その品質とチリのテロワールを表現する並外れた能力は、世界中で認められています。

現在、ラポストールは3つの異なる畑(カサブランカ、カチャポアル、コルチャグア)に370ヘクタールの畑を所有しており、年間合計20万ケースを生産し、世界60カ国以上に輸出を行っています。

ラポストールのここが凄い!

ラポストールではサステイナブル農法を実践し、自然に配慮したワイン造りを行っています。自社畑でオーガニック農法の認証を取得しており、一部の畑ではビオディナミ農法の認証も取得しています。また環境マネジメントシステムに関する国際認定規格である「ISO14001」を取得し、環境に与える影響を減らし、持続性を保ちながらワイン造りを行うことにも力を入れています。その活動の一環として、ラポストールはブドウ畑以外に約700haにも及ぶ土地を所有し、畑周辺の動植物が暮らす生態系を維持しています。またブドウの絞りかすを肥料として再利用したり、瓶をリサイクルするなどといった自然環境に対する惜しみない努力を行っています。

ラポストールが造るワイン

ラポストール/ダラメル ソーヴィニヨン ブラン レゼルバ(SC) [2019] 750ml 白ワイン D’ALAMEL SAUVIGNON BLANC RESERVA

「ダラメル」シリーズはラポストールのカジュアルレンジのワインです。チリの「安くて旨い」コストパフォーマンスの高さを存分に発揮したワインシリーズです。樹齢が若いブドウの樹から採れたブドウを中心に使用しており、フレッシュで飲みやすい味わいが特徴です。「ダラメル ソーヴィニヨン・ブラン レゼルバ」は、白い花や白桃を思わせるようなアロマと、爽やかでフレッシュな酸味を持つ白ワインです。低価格でもラポストールの品質の高さがわかる1本です。

ラポストール/ ラポストール ル ルージュ [2015] 750ml 赤ワイン LAPOSTOLLE LE ROUGE

「ラポストール」シリーズはラポストールが造るスタンダードレンジのワインです。果実のピュアなフレッシュさに重きを置き、ブドウ品種が持つ個性を最大限に表現しています。「ラポストール ル ルージュ」はカルメネール、メルロー、シラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、プティ・ヴェルドから造られるチリブレンドの赤ワインです。エレガントで繊細なバランスのとれた香りに、ブラックベリーなどの黒い果実やスパイシーなアロマが感じられます。味わいは、シルキーで滑らかなアタックの後に、赤や黒系の果実やコーヒー、チョコレートのフレーバーが続きます。果実味とタンニンのバランスが非常に良い赤ワインです。

ラポストール/ キュヴェ アレクサンドル シャルドネ [2016] 750ml 白ワイン CUVEE ALEXANDRE CHARDONNAY

「キュヴェ アレクサンドル」はラポストールのオーナーであるアレクサンドラ氏の名前から名づけられたワインシリーズで、オーガニック農法を実践している自社畑から収穫したブドウを使用してラポストールのテロワールを表現しています。「キュヴェ アレクサンドル シャルドネ」はシャルドネ100%で造られる白ワインで、ライチやカリンなどのフルーツのアロマに、クローブのような甘みのあるスパイスのアロマが香る上品な印象のワインです。口に含むとボリューム感のあるエレガントな味わいで、活き活きとした余韻が長く続きます。グラタンなどクリーミーなコクのある料理に良く合います。

ラポストール/ ラポストール コレクション グルナッシュ [2017] 750ml 赤ワイン Lapostolle Collection Grenache

「ラポストール コレクション」シリーズは、生産量が少ない特別なキュヴェを集めて造った希少性の高いワインシリーズで、ラポストールが運営する宿泊施設や現地のレストランなど限られたエリアで少量のみ流通している特別なワインです。「ラポストール コレクション グルナッシュ」は魅力的な鮮やかな色調を持ち、赤系果実のアロマとフレッシュなハーブの香りが印象的なミディアムボディの赤ワインです。グルナッシュの活き活きとした酸味をお楽しみください。

ラポストール/ ラポストール ボロボ [2013] 750ml・赤ワイン Lapostolle/ Lapostolle Borobo

「ラポストール ボロボ」はコルチャグア・ヴァレーと、カサブランカ・ヴァレーの畑から手摘みで収穫したカルメネール、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、プティ・ヴェルド、ピノ・ノワールをブレンドしたプレミアムな赤ワインです。熟したチェリーやイチゴ、イチジクなどの濃厚なアロマにトリュフやココアなどコクのある香りが感じられます。フレッシュな赤果実のジューシーで程よい酸味に、ビターなチョコレートのようなエレガントで長い余韻が続きます。

クロ アパルタ/ クロ アパルタ [2016] 750ml・赤ワイン CLOS APALTA

「クロ・アパルタ」は、ビオディナミ農法を実践する畑から造られるワールドクラスの赤ワインです。ラポストールがボルドーの著名なコンサルタントであるミッシェル・ローラン氏との共同プロジェクトとして立ち上げた「クロ・アパルタ・ワイナリー」によって造られています。ブラックチェリー、ブラックベリーなどの黒果実系のアロマに、黒コショウのスパイス、モカ、ココアなど複雑味のあるアロマが印象的です。繊細で丸みのあるタンニンのエレガントな余韻に心を奪われるプレミアムワインです。 ラポストールはチリの魅力的なテロワールを大切にして、コストパフォーマンスに優れたカジュアルレンジのワインから、世界的に賞賛を受けるようなプレミアムワインまで幅広いレンジのワインを生産しています。特にラポストールが造るプレミアムワインは、今までのチリワインのイメージを覆すこと間違いなしですので、まだ低価格のチリワインしか飲んだことがないという方は、ぜひ一度お試しください。

逢沢 まいこ
大学時代、ヨーロッパへの留学をきっかけにワインに目覚める。某ワインインポーターにて法人向けの外勤営業として6年間勤務。在籍中にJ.S.A.ワインソムリエ、WSET Level 3を取得。休日に登山やキャンプにワインを持っていき、仲間と一緒にアウトドアでお酒を嗜むことが生きがい。