[ワイン]魅惑的な香りにうっとり~アロマティック品種~

アロマティック品種ってどゆう事?

アロマティック品種」という言葉を聞いたことはありますか?

アロマティック品種とは、華やかで強い香りをもつ白ブドウ品種のことを指します。アロマティックな白ワインは、白いお花を連想させるようなフローラルなアロマや、甘い果物の果実のアロマのような魅惑的な香りが特徴です。またアロマティックなタイプのワインは、甘酸っぱい風味のお料理との相性が非常に良く、スパイシーなソースなど刺激のある辛味を和らげてくれる効果もあります。そのため、エスニック料理などにも合わせやすいので、ワイン単体で楽しむことはもちろん、食中酒としても活躍します。香り豊かでフローラルなアロマは、女性ウケすること間違いなしの、女子会にもぴったりなワインなのです。今回はそんな魅惑的で華やかなアロマティック品種の世界をご紹介します。

白い花のアロマの正体:モノテルペン

アロマティック品種の最大の特徴でもある白い花のアロマは、「モノテルペン」という香り物質からもたらされています。これまでに、モノテルペンは数十種類以上の種類がワインの中から発見されています。この香り物質は主にブドウの果皮に含まれており、ブドウが完熟するほどその量も増加していきます。ただし、モノテルペンの香りの感じ方はワインの酸度などによって変化するため、同じ量のモノテルペンが含まれていても香りの強さはワインによって異なります。

代表的なアロマティック品種

ゲヴュルツトラミネール

アロマティック品種の中でも特に香りのインパクトが強い白ブドウ品種です。ライチやバラの強いアロマが印象的で、果実のボリューム感がとても強いため、辛口スタイルのワインでも味わいに果実の甘みを感じるのが特徴です。酸味は穏やかですが、アルコール度数は高く、中にはアルコール度数14%を超えるものもあります。品種の個性が味わいに全面に出やすい品種なので、ブラインドテイスティング(ワインの銘柄や品種などを見ずにワインを試飲すること)でも当てやすい品種と言われています。フランスのアルザス地方での栽培が盛んで、華やかながらもすっきりとした辛口スタイルから、遅摘みのブドウや貴腐ブドウから造られる極甘口スタイルのワインまで、幅広いタイプのワインが造られています。

ゲヴュルツトラミネールのおすすめワイン

コノスル/レゼルバシリーズ/ ゲヴュルツトラミネール レゼルバ 750ml・白ワイン

コノスルはチリのワインメーカーで、低価格で高品質なワインを生産するワイナリーとして、日本でも知名度が高いワイナリーです。ゲヴュルツトラミネールで造られるワインは、中価格帯以上のものが比較的多いですが、コノスルのゲヴュルツトラミネールは1000円代前半という低価格で本格的なゲヴュルツトラミネールの味わいを楽しむことができるという、非常にコストパフォーマンスに優れたワインです。ゲヴュルツトラミネールの最大の特徴でもあるライチやバラの香りを低価格ながらも存分に楽しむことができる、おすすめの1本です。

マスカット・ブラン(ミュスカ)

マスカット・ブランはバラやオレンジの花、白桃などの強いアロマが特徴の白ブドウ品種です。フランスでは「ミュスカ」と呼ばれています。酸味は控えめで、果実の風味が強く甘みのあるスタイルのワインが多く造られています。酸味が少ないため、長期熟成にはあまり向いていないので、ワインが若くてフレッシュなうちに飲むのがおすすめです。マスカット・ブランから造られる代表的なワインとしては、イタリアのピエモンテ州で造られる低アルコールのスパークリングワイン「アスティ・スプマンテ」や、微発泡の甘口ワインの「モスカート・ダスティ」などが有名です。ワイン初心者の方や、アルコールが苦手な方にもおすすめしやすい、親しみやすい味わいのワインです。

マスカット・ブラン(ミュスカ)のおすすめワイン

サンテロ/ 天使のアスティ [NV] 750ml・白泡ワイン 甘口

イタリア・ピエモンテ州アスティ地方で造られるモスカート・ビアンコ100%の甘口のスパークリングワインです。「マスカット・ブラン」はイタリアでは「モスカート・ビアンコ」と呼ばれています。生産者のサンテロは世界中にワインの輸出を行っており、日本での人気も非常に高く、過去に5年連続で「日本で最も売れているイタリアのスパークリングワインの生産者」に選ばれた実績を持っています。

マスカットの華やかで豊かなアロマが、甘酸っぱい爽やかな酸味とマッチして飲み心地のよい味わいとなっています。可愛らしい天使のラベルは特に女性を中心に人気があります。普段ワインを飲まないワインビギナーにもおすすめしたい1本です。

ヴィオニエ

アプリコットや桃、白い花などの豊かなアロマを持ち、果実味が強く、アルコール度数も高めです。ヴィオニエも酸味が穏やかで、基本的には長期熟成に向いていない品種のため、ワインが若く華やかなアロマが残っているうちに飲むのがおすすめです。フランスのローヌ地方北部、特にコンドリューで造られるヴィオニエが有名で、干しブドウから造られる甘口タイプも少量ですが生産されています。その他、オーストラリアやカリフォルニアでも多く栽培されています。

ヴィオニエのおすすめワイン

ゴラン ハイツ ワイナリー/ヤルデン ヴィオニエ [2016] 750ml・白ワイン

ゴラン・ハイツ・ワイナリーはイスラエルを代表するワイナリーの一つとして、国際的にも高い評価を得ているワイナリーです。「ヤルデン」はゴラン・ハイツ・ワイナリーを代表するフラグシップ・ブランドで、日本でもトップクラスの人気を誇るイスラエルワインの一つとして知られています。ヴィオニエ100%で造られるヤルデン・ヴィオニエはオレンジの白い花、ピーチやアプリコットなどアロマティックな香りの複雑さを楽しむことができる白ワインです。アロマティックな印象と、きりっとした酸味のバランスが心地よい、エレガントな味わいが特徴です。マイルドな風味のカレーなどと合わせて飲むのもおすすめです。

リースリング

ゲヴュルツトラミネールやミュスカに比べると、モノテルペンの含有量が10分の1以下程度と少ないため、アロマティックさは減りますが、青リンゴや洋ナシ、ネクタリン、ジャスミンなど、華やかなアロマと豊かな果実味を持つブドウ品種です。酸味が強いため長期熟成にも向いています。世界最高のリースリングの産地の一つであるドイツで造られる辛口~甘口スタイルのリースリングや、フランスのアルザス地方で造られる辛口のリースリングが特に人気があります。甘口タイプのリースリングは、香辛料を多く使用したスパイシーなインド料理やタイ料理などによく合います。

リースリングのおすすめワイン

トリンバック/ リースリング [2018] 750ml

トリンバックはフランス・アルザス地方を代表する生産者の一つとして世界的に人気の高いワイナリーです。「食事とともに楽しめるワイン」というポリシーに基づいて、食事に合わせやすい辛口スタイルのリースリングを生産しており、数多くのミシュラン3つ星レストランでも採用されている実力派ワイナリーです。またトリンバックが造る辛口のリースリングは和食にも合わせやすいフードフレンドリーな白ワインに仕上がっています。柑橘系の爽やかなアロマに、洋ナシやアプリコットのような香り豊かなフルーツのアロマが感じられる、フレッシュでアロマティックなリースリングです。キレイな酸味とミネラル感のある上品な味わいで、様々な料理に合わせて楽しむことができる1本です。

その他、「ソーヴィニヨン・ブラン」や「トロンテス」、「アルバリーニョ」なども非常に人気があるアロマティック品種として知られています。華やかで魅力的な印象をもつアロマティック品種から造られるワインの香りに酔いしれてみてはいかがでしょうか?

逢沢 まいこ
大学時代、ヨーロッパへの留学をきっかけにワインに目覚める。某ワインインポーターにて法人向けの外勤営業として6年間勤務。在籍中にJ.S.A.ワインソムリエ、WSET Level 3を取得。休日に登山やキャンプにワインを持っていき、仲間と一緒にアウトドアでお酒を嗜むことが生きがい。