白ワインのフレーバーとは? 品種ごとの香りと味わい徹底比較

いろいろな種類のある白ワインですが、香りと味わいを知ることによって、好みの白ワインを選ぶことができるようになります。スーパーで、ワインショップで、レストランで、知っていると役立つ白ワインのフレーバーをご紹介します。

白ワインの香り

白ワインの香りには、以下のようなものがあります。

花の香り

花のような香りが感じられます。若い白ワインは、ジャスミンオレンジの花、白いバラなど白い色の花のニュアンスがあります。長期瓶熟成された白ワインや、醸造の過程で樽樽熟成された白ワインは、キンモクセイのような黄色い花のニュアンスがあります。

柑橘系果実の香り

ベルガモットシトロンライムレモンミカングレープフルーツなどの柑橘系フルーツの香りです。

核果類フルーツの香り

アンズモモリンゴ(青リンゴ、ゴールデンデリシャス)、洋ナシなどの香りです。若い白ワインは生の果実の香りがし、熟した白ワインはシロップ漬けのニュアンスとなります。

トロピカルフルーツの香り

パイナップルバナナライチマンゴーパパイヤなどの南国の果実の香りです。

緑の香り

芝生、草原など、緑色の草、緑の海藻や、アスパラガスなどの緑の野菜の香りが感じられます。

ハーブの香り

フレッシュでハーブ特有の刺激のある香りで、セージローズマリーローリエバジルフェンネルラベンダーオレガノミントパセリタイムマジョラムなどのハーブがあります。

ミネラル感ある香り

火打ち石のような香りです。これは土壌に由来する香りで、ミネラルの豊富な土壌で作られるワインはミネラル感のあるニュアンスとなります。インク、火薬のような香りもあります。また、ペトロール香と呼ばれる灯油のような香りもこのグループに入れることができます。

スパイス香

スパイスの香りは、樽で熟成されることによって出てくる香りです。白ワインは樽で熟成しないものが多いため、スパイス香のあるものは多くありません。バニラサフラン、白胡椒、ジンジャー、コリアンダーなどがあります。

燻製香

文字通り、燻製したようなスモーキーな香りです。

ハチミツの香り

アカシアや百花蜜などのハチミツの香りです。熟した白ワインになると栗ハチミツの香りも感じることができます。

アロマティックな香り

ブドウ自体に香りがあり、ブドウ品種の香りがするものをアロマティックな品種と呼びます。

  • ソーヴィニョン・ブラン
  • ヴィオニエ
  • シュナン・ブラン
  • リースリング
  • ゲヴュルツトラミネール
  • モスカート

がアロマティックなブドウ品種です。アロマティックなブドウは、ブドウ品種によって香りに一貫性があります。

白ワインのタイプ

どのような香りがするかを感じとったら、実際に味わってみましょう。

ボディ:軽い飲み口のライトボディ、中程度のミディアムボディ、重厚なフルボディに分けることができます。クリームやオイルのようななめらかな口当たりのワインは、コクがあり、重厚だといえます。

残糖度:辛口、やや辛口、やや甘口、甘口など、どの程度の糖分を感じるかで分類されます。

酸味:酸味のしっかりしているもの、穏やかなものがあります。

苦味:後味に苦味を感じるものがあります。

品種ごとの白ワインの主要なフレーバー

白ワインは、品種により、香りと味わいがある程度決まります。品種ごとの主な香りと味わいを頭に入れておくと、好みやシーンに合ったワインを飲むことができます。

シャルドネ:フランスのブルゴーニュが原産で、世界中で生産されているブドウ品種です。トロピカルフルーツの香りが感じられます。冷涼な地域で育ったシャルドネは、ライムやレモン、リンゴのアロマのあるワインとなります。温暖な地域で育ったものは、トロピカルフルーツの香りがより強く感じられます。フランスのシャブリは、特にミネラル感が感じられます。オーク樽で熟成されると、クリーミーでなめらかな味わいとなります。

ソーヴィニョン・ブラン:フランスのボルドー、ロワール地方が原産のブドウ品種です。ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、チリなどの新世界と呼ばれる国でも広く栽培されています。草のようなフレッシュ感があります。ミネラル感や、柑橘系果実、燻製香も感じられます。冷涼な土地では酸味が強くなり、暖かい土地ではパッションフルーツの香りが強くなります。

セミヨン:ボルドーが原産のブドウ品種です。洋ナシ、ハチミツの芳香があり、糖度が高く、酸味は穏やかで、オイリーな口当たりです。甘口ワインの原料ともなります。

ピノ・グリ(ピノ・グリージョ):黒ブドウであるピノ・ノワールの突然変異のブドウ品種で、皮がピンク色から灰色のような色のため、「グリ」=「灰色」と呼ばれます。フランス、イタリア、ドイツをはじめ、アメリカやニュージーランドなどでも栽培されています。アンズの香りが豊富で、グレープフルーツや、パイナップルなども感じられます。酸味は穏やかで、豊かなボディのワインとなります。

ヴィオニエ:フランスのローヌが原産のブドウ品種です。アンズや白桃のような甘い香りがあります。ジャスミンのようなフラワリーなニュアンスも感じられ、酸味は落ち着いていて、甘やかな味わいで華やかです。オイリーな口当たりで、厚みがあります。

シュナン・ブラン:フランスのロワール地方を原産とするブドウ品種です。南アフリカでも生産されています。酸が豊富で、辛口ワインはもちろん、スパークリングワイン、甘口ワインも造られています。フローラルで、リンゴやスモモなどのフルーツが広がり、ミネラル感があり、熟成させるとハチミツのような香りが出てきます。

リースリング:ドイツを代表するブドウ品種で、辛口から甘口まで造られます。ハチミツのアロマがあり、白い花や洋ナシを感じさせます。甘い香りですが、味わいはしっかりとした酸味があります。凝縮感もあり、エレガントな味わいです。

ゲヴュルツトラミネール:イタリア北部が起源で、フランスのアルザス地方で栽培がはじ始まったとされているブドウ品種です。ドイツも有名な産地です。ライチの香りが特徴的です。バラやトロピカルフルーツのアロマもあります。辛口と甘口があり、辛口は典型的な香りであるライチやバラが感じられますが、甘口は白桃やハチミツ、またコリアンダーなどのスパイス香が広がります。

モスカート:ギリシャが原産のブドウ品種で、英語のマスカット。フランスではミュスカ、スペインではモスカテルと呼ばれています。マスカット自体の甘いアロマがあり、トロピカルフルーツやハチミツのアロマが感じられます。イタリア全土で栽培されていて、代表的なワインは甘口の「アスティ・スプマンテ」です。モスカート・ビアンコは甘口ワインとなり、バラのような芳香が特徴的です。フランスのアルザス地方のミュスカは、白い花や白桃、洋ナシの香りで、さわやかな酸味のある辛口のワインとなります。一方、南フランスのルーション地方では、甘口ワインが造られています。スペインでは、酒精強化ワインであるシェリーの原料になります。名前もさまざまで、味わいも多様性があるブドウ品種です。

ヴェルメンティーノ:フランスのコルシカ島、イタリアのサルデーニャ島で主に生産されているブドウ品種です。白い花、ライムやレモンなどの柑橘系果実、黄桃、ハーブが感じられます。苦味を感じ、軽い口当たりです。

まとめ

さまざまなフレーバーのある白ワイン。好みの味わいのワインを見つけることができるようになるとワインの楽しみが広がります。ぜひいろいろな白ワインに挑戦してみてください。